失くすと困る鍵だから大切に保管しないと!

失くすと困る鍵だから大切に保管しないと!

失くすと困る鍵だから大切に保管しないと!

鍵という言葉は日常的に使われる言葉ですが、その存在は決して存在価値を尊重して使われるかというとそんなことはないと思います。
重要なツールである鍵が日常生活における存在価値を発揮する時は鍵を失くした時でしょう。鍵を失くすと日常生活がストップしてしまったりしますから、普段何気なく使用している鍵だからこそ、鍵を失くしてその存在価値を再認識するんですよね。
家の鍵にも一戸建てやマンションでは鍵の種類が違ったりします。
ギザギザした鍵、ディンプルキー、オートロック電子錠ほか様々な鍵の種類が存在します。
鍵穴のあるギザギザした鍵やディンプルキーが主流ですが、オートロック電子錠は鍵穴がなく、タッチパネル式や指紋認証錠などのタイプがあり、デジタル錠です。
鍵穴のある鍵は錠前とシリンダーがあり、いろいろな鍵のメーカーが存在しますが、鍵の仕組みはほとんど同じ構造になっている鍵が多いです。
自動車の鍵も年々、進歩しており、最近の新車では盗難防止機能が付いている車がほとんどです。オートバイの鍵にも盗難防止機能付きのイモビライザーキーが付いているバイクも販売されていますが、まだまだ自動車に比べてバイクは盗難防止付きの鍵は一般的にはなっていません。

鍵を失くしたら鍵屋まで

鍵紛失の鍵開けを解決